powered by CADENAS

Social Share

Amazon

二端子対回路 (6774 views - Electrical Engineering)

二端子対回路(にたんしついかいろ、two-terminal pair network, two ports、四端子回路とも)は、入力端子対と出力端子対の2組の端子からなる電気回路またはデバイス。 例えばトランジスタ、フィルタ回路などがある。2端子対回路の分析は1920年代にドイツ人の数学者Franz Breisigによって研究が始められた。
Go to Article

Explanation by Hotspot Model

Youtube


    

二端子対回路

二端子対回路

二端子対回路(にたんしついかいろ、two-terminal pair network, two ports、四端子回路とも)は、入力端子対と出力端子対の2組の端子からなる電気回路またはデバイス。 例えばトランジスタ、フィルタ回路などがある。2端子対回路の分析は1920年代にドイツ人の数学者Franz Breisigによって研究が始められた。

概要

二端子対回路は、入力と出力の電圧と電流の関係を調べるため、入力と出力の間にある回路を分離し、特有のパラメータで示すことが基本となる。このパラメータが決まると、入力と出力の間にある回路の細部を考える必要が無くなり、一つの特殊な特性を持った暗箱(ブラックボックス)にでき、回路の分析を単純化できる。暗箱に独立した出力端子がなければどんな回路もパラメータで表せ、二端子対回路に変形できる。

二端子対回路で入力と出力の電圧と電流の関係を示すパラメータの種類として、従来より「Zパラメータ」、「Yパラメータ」、「hパラメータ」、「gパラメータ」、「Fパラメータ」が用いられてきた。 これらのパラメータは行列で表現する。

入力電圧
出力電圧
入力電流
出力電流

近年では高周波を扱うことのできる、「Sパラメータ」や「Tパラメータ」なども二端子対回路の一種であるが、これらはいずれも電力の関係を示している。

Zパラメータ

インピーダンス行列、Z行列とも。

の各インピーダンスパラメータは以下のとおり。

Yパラメータ[編集]

アドミタンス行列、Y行列とも。

の各アドミタンスパラメータは以下のとおり。

hパラメータ[編集]

ハイブリッド行列、h行列とも。

の各ハイブリッドパラメータは以下のとおり。

gパラメータ[編集]

hパラメータの逆行列で定義される。

各パラメータは以下のとおり。

Fパラメータ (ABCDパラメータ)[編集]

伝送行列、F行列、基本行列(Fundamental matrix)とも。 縦続接続する際に都合がよくなる。

ここで、は上の図とは逆の向きを正にとる。

A・B・C・Dの各四端子定数は以下のとおり。

Sパラメータ[編集]

縦続接続[編集]

2つの異なる二端子対回路を縦続(cascade)に接続することを「縦続接続」と呼ぶ。Fパラメータを用いると都合がよい。 ここで、2つの異なる二端子対回路を以下のFパラメータとする。

このとき、には以下の関係が成り立つ。

よって縦続接続したときの回路全体のFパラメータは以下となる。

直列接続[編集]

2つの異なる二端子対回路を直列に接続することを「直列接続」と呼ぶ。Zパラメータを用いると都合がよい。 ここで、2つの異なる二端子対回路を以下のZパラメータとする。

このとき、は、の関係があるので、以下の関係が成り立つ。

よって直列接続したときの回路全体のZパラメータは以下となる。

並列接続[編集]

2つの異なる二端子対回路を並列に接続することを「並列接続」と呼ぶ。Yパラメータを用いると都合がよい。 ここで、2つの異なる二端子対回路を以下のYパラメータとする

このとき、は、の関係があるので、以下の関係が成り立つ。

よって並列接続したときの回路全体のYパラメータは以下となる。

関連項目[編集]


CMOSイメージセンサアンテナAtmel AVR ATtiny comparison chartアバランシェダイオードBack-illuminated sensorバイナリ時計バイポーラトランジスタ電子音コンデンサCPUCircular connector電球形蛍光灯CPUの冷却装置Computer fanConstant-current diodeワニグチクリップCrystal oscillatorD-subminiatureDaly detectorDarlington transistor電源回路#直流入力直流出力電源(DC to DC )DIACダイオードエッジ・コネクタElectrical ballast配線Electro-optic modulator電子増倍管電子部品電界効果トランジスタFloodlight蛍光灯ゲームポートガン・ダイオードハロゲンランプ電線路Hoyer Guitars固体撮像素子IMPATT diodeインダクタ集積回路JBL (企業)JST connector半導体レーザーLCD televisionLED DisplayLight switchLight table発光ダイオードマイクロコントローラマイクロプロセッサオペアンプフォトカプラPentium 4PentodeフォトダイオードPINダイオードPin headerポテンショメータパワーエレクトロニクスプリント基板プログラマブルロジックコントローラQFPRandom Access MemoryRaspberry PiリモコンReset button抵抗器Ryzenショットキーバリアダイオード7セグメントディスプレイSilicon controlled rectifierSMA connector太陽電池開閉器Test lightTetrodeサーミスタThermoelectric coolingサイリスタTransient-voltage-suppression diodeトランジスタTRIACトンネルダイオードユニジャンクショントランジスタ真空管バリキャップVideo door-phone水冷ツェナーダイオード

This article uses material from the Wikipedia article "二端子対回路", which is released under the Creative Commons Attribution-Share-Alike License 3.0. There is a list of all authors in Wikipedia

Electrical Engineering

EPLAN, Aucotec, CAE, AutoCAD Electrical, IGE XAO, ElCAD, 2D drawings, 2D symbols, 3D content, 3D catalog, EPLAN Electric P8, Zuken E3, schematics, dataportal, data portal, wscad universe, electronic, ProPanel3D, .EDZ, eClass Advanced, eCl@ss Advanced