powered by CADENAS

Social Share

Amazon

仮想世界 (5628 views - Game & Play & Gamification)

仮想世界(かそうせかい)とはコンピューターネットワークサービスの一つである。 なお、コンピュータ上にではなく、自分の意識の上で、あるいは可能性としてのみ存在する仮想世界を考えることもできるが記事構成上の都合上ここでは取り上げないこととする。
Go to Article

Explanation by Hotspot Model

Youtube


    

仮想世界

仮想世界

仮想世界(かそうせかい)とはコンピューターネットワークサービスの一つである。

なお、コンピュータ上にではなく、自分の意識の上で、あるいは可能性としてのみ存在する仮想世界を考えることもできるが記事構成上の都合上ここでは取り上げないこととする。

概要

野村総合研究所によると英語ではVirtual Worldと呼ばれるコンピューターネットワークサービスの一つである[1]

そのうちの仮想現実は、コンピュータ上に構築された現実を模した「世界」であると考えることができる。また、現実とは違った法則物理法則など)を設定した世界を作り出すことも考えられる。

仮想世界の代表格のサービスが米リンデンラボが運営するSecondLifeで、知名度向上には貢献したものの、機能制約が多く自由な利用が難しかった。またユーザー数増加に従いセキュリティ面にも課題を残した[2]

歴史

1985年にルーカスアーツが運営していたLucasfilm's Habitat(日本では1990年の富士通Habitat)が初とされる[3]

2000年ごろから始まり、2006年ごろから話題になり聡明期になり、2007年後半SecondLifeは順調に伸びていたユーザー数が頭打ちになった。その後はコンピューターネットワーク上のサービスが増え、マルチバース化すると予測していた[4]

マルチバース 

2009年当時の未来予測によるとSecondLife等以外にも

  • イントラマルチバース - 企業内仮想世界
  • エクストラマルチバース - 企業間仮想世界
  • 仮想空間 - 特定の目的のために用意された狭い部屋

が想定されていた。それらは2010年頃には相互に連携されるようになるとされた[5]

各言語によるニュアンスの違い 

現在、「仮想」という言葉の使われ方は混乱している。この混乱は、「Virtual」という英単語に「仮想」という日本語単語を当てはめたために生じている。元々「Virtual」を「仮想」と訳すのは力学用語で用いられていたが、それが一般にも広まったものと考えられる。

日本語の「仮想」という言葉は「仮の想定、想像」というニュアンスが強い。一方、英語の Virtual には「事実上の、実質上の」というニュアンスがあり、仮の想像というわけではない。

例えば先の仮想現実(Virtual reality)は、単なる「想像された現実」ではなく、「これまで現実と呼ばれてきたものとは異なるが事実上の現実」ということである。特にコンピュータの世界では「仮想」とはこのような積極的な意味を持っているため、「仮想世界」という言葉がコンピュータに関する文脈で出てきたときは、単なる想像世界以上のことを意味していることに注意しなければならない。

主なサービス 

 脚注 

[ヘルプ]
  1. ^ 仮想世界ロードマップ 野村総合研究所技術調査部 東洋経済新報社 2009年 p14
  2. ^ 仮想世界ロードマップ 野村総合研究所技術調査部 東洋経済新報社 2009年 p15-16
  3. ^ 週刊アスキー臨時増刊号 2007年7月24日 p76-79
  4. ^ 仮想世界ロードマップ 野村総合研究所技術調査部 東洋経済新報社 2009年 p14-15
  5. ^ 仮想世界ロードマップ 野村総合研究所技術調査部 東洋経済新報社 2009年 p17

 参考文献 

  • 仮想世界ロードマップ 野村総合研究所技術調査部 東洋経済新報社 2009年
  • 週刊アスキー臨時増刊号 2007年7月24日

関連項目


エース (トランプ)アクションゲーム終末ものArcade cabinetアーケードゲーム拡張現実バックギャモンバランスバイクブロードソードバトルロイヤルゲームビショップCard countingカードゲームメリーゴーラウンドカジノカタンの開拓者たちConnect FourダーツサイコロドールハウスドミノEdge sortingハンドスピナーFirst-person (gaming)ファーストパーソン・シューティングゲームFortniteゲームGame boyゲームコントローラゲームエンジンゲームパッドGameplay of PokémonゲーマーGaming houseGaming keypadGoogle CardboardHalo 3: ODSTImmersive technologyJob Simulatorジョイスティックキング (チェス)ナイト (チェス)Lego DuploLego minifigureライトニング・マックィーン架空の武器List of most-played video games by player countマジック:ザ・ギャザリングMMORPGマトリョーシカ人形Metro 2033メトロ2033ミニ四駆複合現実モノポリーMonopoly video gamesMultiplayer video game折り紙OVAポーンピンボールPlayer versus playerPLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS遊び場ポケットモンスターポーカーPortal (ゲーム)パズルクイーン (チェス)鉄道模型なぞなぞ木馬ルークルービックキューブシューティングゲームスロットマシンスヌーカーソーマキューブSpinning coneスーパーマリオシリーズサバイバルホラータングラムテディベアテトリスハノイの塔玩具積木Toy trainゲーム機Virtual assistantバーチャルリアリティVirtual reality headsetWooden toy trainWorld of Warcraft戦闘妖精・雪風Computer simulationアバタープレイヤーキャラクターStress ballBaoding ballsHouse of mirrorsWarhammer 40,000ミニチュアゲームMiniature model (gaming)ウォー・シミュレーションゲームテーブルゲームメック (架空の兵器)バトルテックヘクスVirtual cinematographyコンピュータグラフィックス3D rendering電子商店街マーケティングサイバースペース

This article uses material from the Wikipedia article "仮想世界", which is released under the Creative Commons Attribution-Share-Alike License 3.0. There is a list of all authors in Wikipedia

Game & Play & Gamification

3d,model,playground,board games,computer,strategy,thinktank