powered by CADENAS

Social Share

Amazon

ビーツ・エレクトロニクス (5504 views - Music)

ビーツ・エレクトロニクス(英: Beats Electronics)は、アメリカのオーディオ機器のブランド。
Go to Article

Explanation by Hotspot Model

Youtube


    

ビーツ・エレクトロニクス

ビーツ・エレクトロニクス

ビーツ・エレクトロニクス
Beats Electronics LLC
Beats Electronics LLC
種類 LLC
本社所在地 アメリカ合衆国
カリフォルニア州
設立 2008年
業種 電気機器
代表者 Jimmy Iovine (CEO)
主要株主 アップル(100%)
関係する人物 ドクター・ドレー
外部リンク http://beatsbydre.com/
テンプレートを表示

ビーツ・エレクトロニクス: Beats Electronics)は、アメリカのオーディオ機器ブランド

概要

本社はアメリカ合衆国カリフォルニア州サンタ・モニカ[1]。従業員は300名で、2013年の総売り上げは15億ドル。

会社を設立したのはラッパー・ヒップホッププロデューサーのアンドレ"ドクター・ドレー"ヤングインタースコープ=ゲフィン=A&Mレコード会長ジミー・アイオヴィーン。トレント・レズナーがチーフ・クリエイティブ・オフィサーを務める。

一時期は台湾スマートフォンメーカーHTCが大半の株券を持っていたが、2012年、出資比率を25%に低減し、2013年に残りの株式を売却。同時に、カーライル・グループは少数株主としてHTCに替わった[2]

ビーツの製品は、ヘッドフォンスピーカーのブランドになっている。ブランド名は「Beats by Dr. Dre(ビーツバイドクタードレー)」。特にヘッドフォンが有名で、低音を強調している。

2008年から2012年まではモンスター・ケーブルがすべてのビーツ製品のデザイナーを務めた。その後はビーツ・エレクトロニクス内部で生産している。

ビーツ・エレクトロニクスはまた、自社製品に使用するため、他の企業のオーディオ技術のライセンスを取得し、オンライン音楽「ビーツ音楽サービス」を2014年に開始した。

2014年5月28日にアップルは、2014年末までに、現金と株式の合計30億ドル(約3,000億円)でビーツを買収した[3]

沿革

2008年

  • アメリカのラッパーでありプロデューサーのドクター・ドレーとインタースコープ・レコードの会長ジミー・アイアヴィーンが協力して、ビーツ・エレクトロニクスを設立。
  • 米国のケーブル製作会社であるモンスターケーブルと契約を締結。
  • 最初の製品Beats Studioをリリース。

2009年

  • Beats TourとBeats Soloをリリース。
  • 米国の歌手レディー・ガガが製作に参加した製品Heartbeatsをリリース。
  • iBeatsをリリース。
  • アメリカの歌手のディディが製作に参加した製品Diddytbeatsをリリース。
  • Beats Soloを改良した製品Beats Solo HDを発売。
  • Beats Proを発売。

2010年

  • アメリカのバスケットボール選手レブロン・ジェームズが製作に参加した製品Powerbeatsをリリース。
  • Heartbeatsを改良した製品Heartbeats 2.0をリリース。
  • 最初のスピーカー製品Beats Boxを発売。

2011年

  • フランスのDJ デビッド・ゲッタが制作に携わった製品Beats Mixrをリリース。
  • 最初のワイヤレス製品Beats Wirelessを発売。

2012年

2013年

  • Beats Pillがリリース。
  • Beats TourとBeats Studioの改良モデルTour 2.0とStudio 2.0がリリース。
  • Studioの無線型Beats Studio Wirelessが発売。
  • Beats Pill XLが発売。
  • Beats Pillの改良モデルPill 2.0がリリース。

2014年

  • Beats Solo HDの改良モデルBeats Solo2がリリース。
  • 最初のワイヤレスイヤホン製品PowerBeats2 Wirelessをリリース。
  • Appleによる買収が完了。
  • Solo2の無線型Beats Solo2 Wirelessをリリース。

2015年

  • PowerBeats2 Wirelessの有線型となるPowerBeats2をリリース。
  • BeatsMixrが生産終了、および販売終了。

2016年

  • Beats Solo2 Wirelessの改良モデルとなる Beats Solo3 Wirelessがリリース。
  • PowerBeats 2 Wirelessの改良モデルとなる Beats PowerBeats 3 Wirelessがリリース。
  • DJ向けモデル Beats Mixrをベースモデルとした有線ヘッドホン Beats EPがリリース。

2017年

  • Beats Xがリリース。
  • Beats Solo3 Wireless がリリース。
  • Beats Studio 3 Wireless がリリース。

2018年

  • urbeats3がリリース。

脚注

関連項目


アコースティック・ギター音響学Air hornアナログシンセサイザーアントニオ・ストラディバリAuditory scienceブルースボウイングCDプレーヤー戯曲 (中国)クラヴィコード音部記号ダフト・パンクディッドレイ・ボウDirect-drive turntableディスクジョッキーコントラバスドラムセットエレクトリック・ギターフェンダー・ストラトキャスターフェンダー・テレキャスターギブソン・レスポールギブソン・レスポール・カスタムGittler guitarギターGuitar pickハープ聴覚Jazz bandレオ・フェンダーリンキン・パークルドヴィコ・エイナウディルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンヴァイオリン製作家ライアーミキシング・コンソールオルゴール鍵盤 (楽器)音符オレンジ (楽器メーカー)オルガンレコードピアノピックガードピックアップ (楽器)Pop iconプリンス (ミュージシャン)Radioロックンロールロック (音楽)ローランド・TR-909サクソフォーンSoundproofing弦 (楽器)サブウーファーシンセサイザータブラTamburicaトライアングルトランペットTurntablismValve amplifierヴァイオリンホワイト・クリスマス (曲)シロフォンヤマハ・CS-80ドクター・ドレーSound recording and reproduction録音スタジオワイヤレススピーカースマートスピーカーFocusriteAudio electronicsProfessional audioレコーディング・エンジニア音楽プロデューサーダンス・ミュージック音楽歌唱音楽学Music technologyMusic technology (electronic and digital)Music technology (electric)

This article uses material from the Wikipedia article "ビーツ・エレクトロニクス", which is released under the Creative Commons Attribution-Share-Alike License 3.0. There is a list of all authors in Wikipedia

Music

3d,printed,3dprinting,3dprint,music,song,dvd,dcrom,schellak,top hit