powered by CADENAS

Social Share

Amazon

オリンパス OM10 (3078 views - Consumer products)

オリンパス OM10(Olympus OM10 )は、1979年にオリンパスから発売されたOMシステムの一眼レフカメラである。
Go to Article

Explanation by Hotspot Model

Youtube


    

オリンパス OM10

オリンパス OM10

オリンパス OM10Olympus OM10 )は、1979年オリンパスから発売されたOMシステム一眼レフカメラである。

概要

OM10は、同社のカメラ事業に於ける一大戦略商品であると共に、シーズ志向で展開されて来た従来の商品企画に対して、ニーズ志向で展開された近代的商品企画の最初の商品と成る。 当時、同社は世界3大消費地の内、日本・ヨーロッパは直販体制が整備されていたが、唯一残る米国は代理店販売と成っていた。 同社のAE(自動露出制御)一眼レフとしては既にオリンパスOM-2があったが、米国の大多数の顧客を満足させる低価格商品が無く、当時の米国代理店は、高価格機はolympus、低価格機はmamiyaを扱っていた。 従って、直販体制を構築するには、量が見込めるアマチュア向け低価格商品のラインナップが必須であった。

そこで設計の抜本的見直しによりOM-2の700点強の部品を400点と、部品点数を約半減した商品がOM10である。 これは、1978年時点において既に億円規模の投資済みであるOM-2の製造ラインを流用可能とする製造工程まで考慮した設計により、当時としては画期的な低価格で発売されたのが本機である。

アマチュア向けに徹したため標準ではマニュアル撮影機能は省略されていたが、別売のマニュアルアダプター(定価:発売当時3,500円)を装着することでマニュアル撮影も可能になる。オリンパスOM-2で実現したTシリーズストロボによるTTL調光方式も本機では使用できない(OM二桁シリーズではOM40PROGRAMで初めて可能になった)。また、秒間5コマのモータードライブも使用できないが、ワインダーは使用できる。

ただし、これらは単に初心者・アマチュア向けのみならず、発売当時の定価4万円は当時の物品税の非課税上限であったこと、また国外事情ではオイルショック期から続いた需要の低迷や固定相場制廃止以降の円高傾向により主たる輸出市場であるアメリカ向けに安価なカメラを提供する必要に迫られ、競合他社においても同時期に発売された同コンセプトの商品(国内販売定価4万円以下・AE専用、例:ニコンEM、ミノルタX-7)への対抗商品としての役割も期待された。

仕様

  • 型式:35mmフォーカルプレーン自動露出制御電子シャッター式一眼レフカメラ
  • 大きさ:136mmx83mmx50mm
  • 画面サイズ:24mmx36mm
  • 重さ:430g
  • 感度連動範囲: ISO25-ISO1600
  • マウント:オリンパスOMマウント
  • フィルム巻上げ:レバー式
  • フィルム巻き戻し:クランク式
  • シャッター形式:電子制御式フォーカルプレーン
  • シャッタースピード:B1-1/1000秒

関連項目



This article uses material from the Wikipedia article "オリンパス OM10", which is released under the Creative Commons Attribution-Share-Alike License 3.0. There is a list of all authors in Wikipedia

Consumer products

.max, Maya, Challenge, Competition, Rendering, 3D, Blender, Autodesk Maya, 3D Studio MAX (.3DS, .MAX), Maxwell, Animation, 3D Model, Autodesk Softimage, Cinema 4D, Rendering, Animation, 3Dartist, c4d, maxon, lowpoly, 3Dart, blender3D, 3D library