powered by CADENAS

Social Share

ソーマキューブ (20654 views - Game & Play & Gamification)

ソーマキューブは、ピート・ハイン(Piet Hein)が考案した、7つの立体のピースを3×3×3の立方体に組む箱詰めパズルである。本来の立方体を作るという目的のほかに、7片でさまざまな形を作れることから、3次元版のタングラムと呼ばれることもある。 ピート・ハインはこのパズルをヴェルナー・ハイゼンベルクの量子力学の講義中に考えた。 ソーマの名称の由来には諸説あり、オルダス・ハックレーの小説『Brave New World』に登場する架空の薬に由来するとも、その元となった神話上に登場するソーマに由来するとも言われる。
Go to Article

Explanation by Hotspot Model

ソーマキューブ

ソーマキューブ

ソーマキューブ

ソーマキューブは、ピート・ハインPiet Hein)が考案した、7つの立体のピースを3×3×3の立方体に組む箱詰めパズルである。本来の立方体を作るという目的のほかに、7片でさまざまな形を作れることから、3次元版のタングラムと呼ばれることもある。

ピート・ハインはこのパズルをヴェルナー・ハイゼンベルクの量子力学の講義中に考えた。

ソーマの名称の由来には諸説あり、オルダス・ハックレーの小説『Brave New World』に登場する架空の薬に由来するとも、その元となった神話上に登場するソーマに由来するとも言われる。

ピースの構成

ソーマキューブの7つのピースは、

  • 4つ以下の立方体が面同士で接続されたもの
  • 直方体でないもの

の両方を満たすものすべてである。

具体的には、立方体3個をL字型につなげたものと、それに1つの立方体をつなげた6つの片の計7個である。

解答

ソーマキューブを解く上で、パリティの考え方が必要になることがある。

ジョン・コンウェイらはこの特性を考慮した上でこの問題に取り組み、『Winning Ways for your Mathematical Plays』(邦題『数学じかけのパズルゲーム』 ISBN 4-8337-6032-0)に全240解(回転・鏡像を同一のものとする)を発表している。この解析にはエイト・クイーンなどと同じようにバックトラック法が使用されている。

ソーマキューブによる造形例

関連項目



This article uses material from the Wikipedia article "ソーマキューブ", which is released under the Creative Commons Attribution-Share-Alike License 3.0. There is a list of all authors in Wikipedia

Game & Play & Gamification

3d,model,playground,board games,computer,strategy,thinktank