powered by CADENAS

Social Share

フルレンジスピーカー (3855 views - Consumer products)

フルレンジスピーカーは、低音から高音まで(フルレンジ)を、一種類のユニットでまかなう前提の設計(デザイン)のスピーカーユニットand・orスピーカーシステムである。ユニットを指してはワイドレンジユニットといった語もある。スピーカーシステムとしては、振動板(コーン)が1個という意味で、シングルコーンという語もある。複数の異なる設計のユニットによって音域を分割する方式を指すマルチウェイに対する語でもあり、後からマルチウェイが現れたことによるレトロニムでもある。 長所としては、単一のユニットのみを使うスピーカシステムでは、理想的とされる点音源に近いこと、マルチウェイでは不可避な「ネットワーク」と呼ばれるローパスorハイパスフィルタによる位相変化が無いことなどが長所である。マルチウェイのネットワークではクロスオーバー周波数に設定されがちな、100Hz~5kHzという楽音で重要な音域で位相が保存されるため、ステレオ再生での定位感が優れているとか、ボーカルの自然な再生音が得られるとか、オーディオマニアは主張する。短所としては、低音と高音の限界がマルチウェイ方式によるそれぞれの専用ユニットと比べて低くなることや、単一ユニットでは音量にも限界がある。高域に関しては、ある程度の大きさのあるコーンを高速に振動させようとすることから来る、共振現象による「分割振動」の問題がある。分割振動により、高域の平坦性とか歪みとか位相特性が悪化する、とオーディオマニアは主張する。 合計出力を上げるためなど、同一種類のフルレンジユニットを多数並べ、同時に鳴らす、といった構成もある。マイクによる音声が主体の講義室、体育館などのPA設備ではラインアレイ(トーンゾイレ)という方法がとられる。音楽ステージ用にフルレンジが多数使われた例として、かつてはシドニーのオペラハウスなどがあった。 高域特性を改善するために、高音用にスピーカーユニットの振動板の中心部分(センターキャップ。あるいは中心に付加された小さなコーン)を軽く堅く作っておき、ある程度以上の周波数では主にその部分のみが働く、という方式もある。メカニカル2ウェイなどとも呼ばれるが、いわゆるマルチウェイというよりは、フルレンジの一種として扱われている。ダブルコーン、デュアルコーンと呼ばれるものもこの類である。再生帯域はマルチウェイにはやや及ばないものの、広帯域にて位相特性もよく、バランスの良い再生音が得られるなどとされている。 フルレンジシステムの改善として、超高域のスーパーツイーター・超低域のサブウーファー(の、どちらかあるいは両方)を追加した、マルチウェイシステムとする、といったような構成もある。サブウーファーは別筐体の、いわゆる2.1chなどのシステムの「0.1ch」のようなスタイルで追加するのも手である。 低コスト、小型という利点から、テレビやラジカセ等のオールインワン機器のスピーカーシステムなどには多い。ただし、それらでも大型のものではマルチウェイも多い。サラウンド(4ch)などの追加チャンネル用のスピーカーもフルレンジが多い。また、ノートパソコンやタブレット、スマートフォン、フィーチャーフォン等の情報通信機器等の内蔵のスピーカーなどといったものもある。 一方で、オーディオ用として高性能をうたうことで高価格とした製品もあり、1本が10万円を超える高価なものも存在する。従来のスピーカーは周波数領域の再生を重視していたと主張し、時間領域(タイムドメイン)の再生の重視を提案・主張しているタイムドメイン・スピーカーも、フルレンジを比較的重視し採用している。システムとしては、BOSE901シリーズはフルレンジユニットを9個使用し、さらにはイコライザー機能を加えた比較的高級なスピーカーとなる。 ハイファイ再生用のフルレンジが現れたのは、ステレオ録音やFM放送が本格的となった1950年代以降のことであり、当時は70Hz~15kHzの再生周波数が再生できるものを指していた。Western Electric社の755E、JBL社のLE8T、ダイヤトーンのP-610、松下の8P-W1(のちEAS-20PW09に型番変更)、福音電機(現・パイオニアブランド)のPIM-8(のちPIM-20Aに型番変更)およびPIM-6(のちPIM-16Aに型番変更)、Lowther社のPM6Aなどはこの時代に開発されたものである。 自作オーディオ(自作スピーカー)にも、ネットワーク(あるいはチャネルディバイダとマルチアンプ)の不要なフルレンジのシステムは魅力的である。そのためかつては、メーカーのほとんどがフルレンジのスピーカーユニットを製造販売していた。オーディオ誌の多くには自作スピーカーのページが割かれ、特に長岡鉄男の設計したバックロードホーン型のエンクロージャーは今でも多くのファンが存在する。 2017年現在の日本では、スピーカーシステム自作向けの手頃なオーディオグレードの完成品スピーカーユニットの市販を続けているブランドは以前より長らくFostexのみとなってしまっているが、同ブランドでは自作入門向けのフルレンジの製品群(「Pシリーズ」の P650K, P800K, P1000K)を2010年前後から充実させてきている。また、『Stereo』誌が2010年から毎年夏に(2010年と11年は7月号、以降は8月号)同ブランドとの連携企画により自作の普及を図っている。 また自作オーディオ用のスピーカーユニットとしては、スコーカーのラインナップが薄いため、マルチウェイのスピーカーの自作では、例えばスーパーツイーター+フルレンジ+サブウーファーというユニット構成としたり、フルレンジのユニットとネットワークの組合せで高音・低音をカットして、スコーカーの代用とする場合がある。
Go to Article

Explanation by Hotspot Model

フルレンジスピーカー

フルレンジスピーカー

フルレンジスピーカーは、低音から高音まで(フルレンジ)を、一種類のユニットでまかなう前提の設計(デザイン)のスピーカーユニットand・orスピーカーシステムである。ユニットを指してはワイドレンジユニットといった語もある。スピーカーシステムとしては、振動板(コーン)が1個という意味で、シングルコーンという語もある。複数の異なる設計のユニットによって音域を分割する方式を指すマルチウェイに対する語でもあり、後からマルチウェイが現れたことによるレトロニムでもある。

長所としては、単一のユニットのみを使うスピーカシステムでは、理想的とされる点音源に近いこと、マルチウェイでは不可避な「ネットワーク」と呼ばれるローパスorハイパスフィルタによる位相変化が無いことなどが長所である。マルチウェイのネットワークではクロスオーバー周波数に設定されがちな、100Hz~5kHzという楽音で重要な音域で位相が保存されるため、ステレオ再生での定位感が優れているとか、ボーカルの自然な再生音が得られるとか、オーディオマニアは主張する。短所としては、低音と高音の限界がマルチウェイ方式によるそれぞれの専用ユニットと比べて低くなることや、単一ユニットでは音量にも限界がある。高域に関しては、ある程度の大きさのあるコーンを高速に振動させようとすることから来る、共振現象による「分割振動」の問題がある。分割振動により、高域の平坦性とか歪みとか位相特性が悪化する、とオーディオマニアは主張する[独自研究?][誰?]

合計出力を上げるためなど、同一種類のフルレンジユニットを多数並べ、同時に鳴らす、といった構成もある。マイクによる音声が主体の講義室、体育館などのPA設備ではラインアレイ(トーンゾイレ)という方法がとられる。音楽ステージ用にフルレンジが多数使われた例として、かつてはシドニーのオペラハウスなどがあった。

高域特性を改善するために、高音用にスピーカーユニットの振動板の中心部分(センターキャップ。あるいは中心に付加された小さなコーン)を軽く堅く作っておき、ある程度以上の周波数では主にその部分のみが働く、という方式もある。メカニカル2ウェイなどとも呼ばれるが、いわゆるマルチウェイというよりは、フルレンジの一種として扱われている。ダブルコーン、デュアルコーンと呼ばれるものもこの類である。再生帯域はマルチウェイにはやや及ばないものの、広帯域にて位相特性もよく、バランスの良い再生音が得られるなどとされている。

フルレンジシステムの改善として、超高域のスーパーツイーター・超低域のサブウーファー(の、どちらかあるいは両方)を追加した、マルチウェイシステムとする、といったような構成もある。サブウーファーは別筐体の、いわゆる2.1chなどのシステムの「0.1ch」のようなスタイルで追加するのも手である。

低コスト、小型という利点から、テレビラジカセ等のオールインワン機器のスピーカーシステムなどには多い。ただし、それらでも大型のものではマルチウェイも多い。サラウンド(4ch)などの追加チャンネル用のスピーカーもフルレンジが多い。また、ノートパソコンタブレットスマートフォンフィーチャーフォン等の情報通信機器等の内蔵のスピーカーなどといったものもある。

一方で、オーディオ用として高性能をうたうことで高価格とした製品もあり、1本が10万円を超える高価なものも存在する。従来のスピーカーは周波数領域の再生を重視していたと主張し、時間領域(タイムドメイン)の再生の重視を提案・主張しているタイムドメイン・スピーカーも、フルレンジを比較的重視し採用している。システムとしては、BOSE901シリーズはフルレンジユニットを9個使用し、さらにはイコライザー機能を加えた比較的高級なスピーカーとなる。

ハイファイ再生用のフルレンジが現れたのは、ステレオ録音やFM放送が本格的となった1950年代以降のことであり、当時は70Hz~15kHzの再生周波数が再生できるものを指していた。Western Electric社の755E、JBL社のLE8T、ダイヤトーンP-610松下の8P-W1(のちEAS-20PW09に型番変更)、福音電機(現・パイオニアブランド)のPIM-8(のちPIM-20Aに型番変更)およびPIM-6(のちPIM-16Aに型番変更)、Lowther社のPM6Aなどはこの時代に開発されたものである。

自作オーディオ(自作スピーカー)にも、ネットワーク(あるいはチャネルディバイダとマルチアンプ)の不要なフルレンジのシステムは魅力的である。そのためかつては、メーカーのほとんどがフルレンジのスピーカーユニットを製造販売していた。オーディオ誌の多くには自作スピーカーのページが割かれ、特に長岡鉄男の設計したバックロードホーン型のエンクロージャーは今でも多くのファンが存在する。

2017年現在の日本では、スピーカーシステム自作向けの手頃なオーディオグレードの完成品スピーカーユニットの市販を続けているブランドは以前より長らくFostexのみとなってしまっているが、同ブランドでは自作入門向けのフルレンジの製品群(「Pシリーズ」の P650K, P800K, P1000K)を2010年前後から充実させてきている。また、『Stereo』誌が2010年から毎年夏に(2010年と11年は7月号、以降は8月号)同ブランドとの連携企画により自作の普及を図っている。

また自作オーディオ用のスピーカーユニットとしては、スコーカーのラインナップが薄いため、マルチウェイのスピーカーの自作では、例えばスーパーツイーター+フルレンジ+サブウーファーというユニット構成としたり、フルレンジのユニットとネットワークの組合せで高音・低音をカットして、スコーカーの代用とする場合がある。



This article uses material from the Wikipedia article "フルレンジスピーカー", which is released under the Creative Commons Attribution-Share-Alike License 3.0. There is a list of all authors in Wikipedia

Consumer products

.max, Maya, Challenge, Competition, Rendering, 3D, Blender, Autodesk Maya, 3D Studio MAX (.3DS, .MAX), Maxwell, Animation, 3D Model, Autodesk Softimage, Cinema 4D, Rendering, Animation, 3Dartist, c4d, maxon, lowpoly, 3Dart, blender3D, 3D library