powered by CADENAS

Social Share

アメリシウム (14840 views - Periodic Table Of Elements)

アメリシウム (英: americium) は原子番号95の元素。元素記号は Am。アクチノイド元素の一つ。第3の超ウラン元素でもある。安定同位体は存在しない。銀白色の金属で、常温、常圧で安定な結晶構造は六方最密充填構造 (HCP)。比重は13.67で、融点は995 °C (850-1200 °C)、沸点は2600 °C。展性、延性があり、希酸に溶ける。原子価は、+2〜+6価(+3価が安定)。化学的性質はユウロピウムに類似する。発見された同位体の中で最も半減期が長いのは、アメリシウム243の7370年である。
Go to Article

アメリシウム

アメリシウム

プルトニウム アメリシウム キュリウム
Eu

Am

Uqp
95Am
外見
銀白色
一般特性
名称, 記号, 番号 アメリシウム, Am, 95
分類 アクチノイド
, 周期, ブロック n/a, 7, f
原子量 [243]
電子配置 [Rn] 5f7 7s2
電子殻 2, 8, 18, 32, 25, 8, 2(画像
物理特性
固体
密度室温付近) 12 g/cm3
融点 1449 K, 1176 °C, 2149 °F
沸点 2880 K, 2607 °C, 4725 °F
融解熱 14.39 kJ/mol
熱容量 (25 °C) 62.7 J/(mol·K)
蒸気圧
圧力 (Pa) 1 10 100 1 k 10 k 100 k
温度 (K) 1239 1356
原子特性
酸化数 7, 6, 5, 4, 3, 2(両性酸化物
電気陰性度 1.3(ポーリングの値)
イオン化エネルギー 1st: 578 kJ/mol
原子半径 173 pm
共有結合半径 180 ± 6 pm
その他
結晶構造 六方晶系
磁性 常磁性
電気抵抗率 0.69[1] µΩ·m
熱伝導率 (300 K) 10 W/(m·K)
CAS登録番号 7440-35-9
主な同位体
詳細はアメリシウムの同位体を参照
同位体 NA 半減期 DM DE (MeV) DP
241Am syn 432.2 y SF - -
α 5.486 237Np
242mAm syn 141 y IT 0.049 242Am
α 5.637 238Np
SF - -
243Am syn 7370 y SF - -
α 5.275 239Np

アメリシウム (: americium) は原子番号95の元素元素記号Amアクチノイド元素の一つ。第3の超ウラン元素でもある。安定同位体は存在しない。銀白色の金属で、常温、常圧で安定な結晶構造は六方最密充填構造 (HCP)。比重は13.67で、融点は995 °C (850-1200 °C)、沸点は2600 °C。展性、延性があり、希酸に溶ける。原子価は、+2〜+6価(+3価が安定)。化学的性質はユウロピウムに類似する。発見された同位体の中で最も半減期が長いのは、アメリシウム243の7370年である。

歴史

アメリシウムはおそらくそれ以前の核実験でも生成されていたが、それが最初に意図的に、合成、単離されたのは、1944年の晩秋、カリフォルニア大学バークレー校グレン・シーボーグ[2]によっての事だった。 原子炉内のプルトニウム239に2個の中性子を当てると、プルトニウム241ができ、これがβ崩壊して、アメリシウム241(半減期432.2年)となる。 元素は、化学的にシカゴ大学の冶金研究所(現アルゴンヌ国立研究所)で同定された。 ネプツニウムプルトニウムキュリウムに続いて、アメリシウムが発見されたのは超ウラン元素として四番目だった。

元素名は、周期表上でヨーロッパ大陸にちなんだユウロピウムの下に位置することから、アメリカ大陸の名にちなんで付けられた[3]

アメリシウムとキュリウムの発見は、密接にマンハッタン計画に関連していたため、1945年になるまで機密情報だった。 最初にそれが公表されたのは1945年11月11日にグレン・シーボーグが、アメリカの子供のためのラジオ番組、Quiz Kidsに出演した際、リスナーの1人に、「戦争の間にプルトニウムとネプツニウムの隣の新しい超ウラン元素が見つかった?」と質問された時だったが、それはアメリカ化学会の会議で公式発表する五日前の出来事だった。

特徴

アメリシウムは剥離性がある銀白色をした放射性の金属で空気中に放置すると白く曇る。純粋なアメリシウムはネプツニウムプルトニウムより輝いている。アメリシウム241から放出されるα線は約5.4 MeV、ガンマ線のエネルギーは非常に低く (0.06 MeV)、低エネルギーガンマ線源として蛍光X線分析装置などに用いられる。

発生

生成量は核爆弾の種類により変わり、大気中への放出量は不明である。半減期が最も長いアメリシウム243でも半減期は7370年のため、地球の形成時に存在していたアメリシウムは、今ではすべて崩壊している。したがって、現存しているアメリシウムは、チェルノブイリ原発事故のような原子力事故現場や大気圏核実験のため1945年から1980年の間に使用された領域と核燃料再処理施設周辺に集中している。例えば、アメリカ合衆国最初の水素爆弾アイビー作戦マイク実験1952年11月1日エニウェトク環礁)の核実験で使用された地点で回収された破片を分析したところ、高濃度のアメリシウムを含むアクチノイドが検出されたが、軍事機密のために検出の事実が公表されたのは1956年であった。

用途

アメリシウム 241 は、煙感知器[注釈 1]や、厚さ計[5]に利用される。アメリシウム242は中性子ラジオグラフティーの中で使用される。しかしアメリシウムの合成は難しく、強い放射能のため非常に高価である。

ベリリウムとの混合物は、中性子源となる。そのほか、放射線源としての利用もある。

検出

化学的に分離精製した測定試料から放出されるアルファ線を、シリコン半導体検出器で測定する。

同位体

アメリシウムには安定同位体が存在せず、すべてが放射性である。アメリシウムには18の同位体が確認されており、質量範囲はアメリシウム231からアメリシウム249までがある。

発見された同位体の中で最も半減期が長いのは、アメリシウム243の7370年である。ほかに432年の半減期を持つアメリシウム241、141年のアメリシウム242、が比較的安定している。残りは全てアメリシウム240の51時間よりも短い。さらにアメリシウムの同位体には八つの核異性体の同位体が存在している。

注釈

  1. ^ 日本の煙感知器にはアメリシウムを使ったイオン化式は少なく、光電式が主流となっている。[4]

出典

  1. ^ Muller, W.; Schenkel, R.; Schmidt, H. E.; Spirlet, J. C.; McElroy, D. L.; Hall, R. O. A.; Mortimer, M. J. (1978). “The electrical resistivity and specific heat of americium metal”. Journal of Low Temperature Physics 30: 561. doi:10.1007/BF00116197. 
  2. ^ グレン・シーボーグ、レオン・モルガン、ラルフ・ジェームズ、アルバート・ギオルソ
  3. ^ Seaborg, Glenn T. (1946). "The Transuranium Elements". Science 104 (2704): 379–386.
  4. ^ セオドア・グレイ 『世界で一番美しい元素図鑑』 ニック・マン写真、武井摩利訳、創元社、2010年ISBN 978-4422420042
  5. ^ アメリシウム厚み計 (TOSGAEG 153) 計測と制御 Vol.9 (1970) No.7 P543-544

関連項目



This article uses material from the Wikipedia article "アメリシウム", which is released under the Creative Commons Attribution-Share-Alike License 3.0. There is a list of all authors in Wikipedia

Periodic Table Of Elements

element,system,atom,molecule,metal,halogen,noble gas,chemical,chemistry