powered by CADENAS

Social Share

Amazon

空気圧式蓄音機 (1674 views - Music)

圧縮空気式蓄音機(compressed air grammophone)とは、圧縮空気および空気圧式アンプを用いて音を増幅する蓄音機である。 最も初期のものは英国のエンジニア、チャールズ・アルジャーノン・パーソンズによるAuxetophoneである。 。これはブラックプールタワーの上から十分な音量で音楽を放送することが可能で、観客席の前列にいた聴衆が立ち去ってしまうほどには大きな音が出せたと言われている。Auxetophoneはその後米国内でVictor Auxetophoneとして販売された。空気圧増幅器 は繊細なバルブを利用して、小さな力で空気の流れを制御することで実現される。基本的な仕組みとして、空気の流れる管の中に2つの互い違いに配置された櫛状の部品を使っており、片方の櫛が針の振動に応じて動き、2つの櫛の重なり具合からなる開口面積が変化することで流れる空気の流量が変化し、増幅された音として発せられる。 レオン・ゴーモンは初期のトーキーにおいて Chronomégaphoneという大ホールでの録音音源の再生のために設計された圧縮空気式蓄音機を使用した。 その他の圧縮空気式蓄音器としては Elgéphoneがある。
Go to Article

Explanation by Hotspot Model

Youtube


    

空気圧式蓄音機

空気圧式蓄音機

空気圧式蓄音機

圧縮空気式蓄音機(compressed air grammophone)とは、圧縮空気および空気圧式アンプを用いて音を増幅する蓄音機である。

最も初期のものは英国のエンジニア、チャールズ・アルジャーノン・パーソンズによるAuxetophoneである。[1][2][3] 。これはブラックプールタワーの上から十分な音量で音楽を放送することが可能で、観客席の前列にいた聴衆が立ち去ってしまうほどには大きな音が出せたと言われている。[4]

Auxetophoneはその後米国内でVictor Auxetophoneとして販売された。[2][5]

空気圧増幅器英語版 は繊細なバルブを利用して、小さな力で空気の流れを制御することで実現される。基本的な仕組みとして、空気の流れる管の中に2つの互い違いに配置された櫛状の部品を使っており、片方の櫛が針の振動に応じて動き、2つの櫛の重なり具合からなる開口面積が変化することで流れる空気の流量が変化し、増幅された音として発せられる。

レオン・ゴーモンは初期のトーキーにおいて Chronomégaphoneという大ホールでの録音音源の再生のために設計された圧縮空気式蓄音機を使用した。[6] [7]

その他の圧縮空気式蓄音器としては Elgéphoneがある。[8]

参考文献

  1. ^ Reiss, Eric (2007). The compleat talking machine: a collector's guide to antique phonographs. Chandler, Ariz: Sonoran Pub. p. 217. ISBN 1886606226. 
  2. ^ a b Pi. “More Defunct Technology: The Auxetophone”. PSU ASA: The Penn State Chapter of the Acoustical Society of America. 2012年7月31日閲覧。
  3. ^ 1906 Victor Auxetophone”. Montana Phonograph Company. 2012年7月31日閲覧。
  4. ^ http://www.douglas-self.com/MUSEUM/COMMS/auxetophone/auxetoph.htm "The Auxetophone & Other Compressed-Air Gramophones" Retrieved 19 June 2012
  5. ^ 1906 Victor Auxetophone”. Montana Phonograph Company. 2012年7月31日閲覧。
  6. ^ Wierzbicki (2009), p. 74; "Representative Kinematograph Shows" (1907).The Auxetophone and Other Compressed-Air Gramophones explains pneumatic amplification and includes several detailed photographs of Gaumont's Elgéphone, which was apparently a slightly later and more elaborate version of the Chronomégaphone.
  7. ^ Jon D. Witmer. “Gaumont Treasures, Vol. 2 (1908-1916)”. American Society of Cinematographers. 2012年7月31日閲覧。
  8. ^ Lexikon der Filmbegriffe: Auxetophon”. Christian-Albrechts-Universität zu Kiel (2012年3月2日). 2012年7月31日閲覧。 (in German)

関連項目



This article uses material from the Wikipedia article "空気圧式蓄音機", which is released under the Creative Commons Attribution-Share-Alike License 3.0. There is a list of all authors in Wikipedia

Music

3d,printed,3dprinting,3dprint,music,song,dvd,dcrom,schellak,top hit